単純疱疹、帯状疱疹、水疱瘡などウイルスに対抗するバルトレックス。早期治療はもちろんのこと、正しい使用方法と副作用をよく知った上で服用されることがとても大事です。

性器のいぼができる病気とバルトレックス

性行為によって感染しやすい病気としてはさまざまなものが考えられますが、そのなかには性器にいぼができるような、特徴的な病気というものもみられます。たとえば、ヒト乳頭腫ウイルスとよばれるものの感染によっておきる感染症では、白色か薄いピンク色のいぼができ、これが集まるようすはカリフラワーのようだとも形容されます。しかし、こうしたいぼには痛みなどはないのがふつうであり、特に女性の場合は性器そのものというよりも、さらに奥まった部分にいぼができることから、なかなか当人が確認できないということもあります。いっぽう、同じウイルスであっても、単純ヘルペスウイルスとよばれるものがもたらす性器ヘルペス感染症は、うみがたまった小さな水ぶくれのようなものができるのが特徴であり、ヒト乳頭腫ウイルスとは違って、表面が破れてただれたりして、かなり痛みがあるのがふつうとなっています。このような形状の違いから、どのようなウイルスによるものであるのかが判別できる場合があるのです。性器ヘルペス感染症の場合であれば、バルトレックスとよばれる抗ヘルペスウイルス薬が開発されていますので、これを毎日服用することによって、症状の改善を図るというのが一般的な治療方法であるといえます。バルトレックスには錠剤と細粒の両方のタイプがありますので、医師の指示にしたがって、自宅での服用ということになります。いちおう、副作用は少ないほうであるとされていますが、場合によっては、下痢、吐き気、腹痛などといった胃腸系統の症状や、発疹などの皮膚にかかわる症状、めまいや眠気などがみられることがありますので、ひどいときには医師に相談するとよいでしょう。